ウォーキングでダイエット!!効果は?やり方?ギモンを徹底分析!!


最も成功者が多いダイエット法の一つ、ウォーキングダイエット!!

・ウォーキングダイエットは、本当に痩せるのか?

・なぜ、ウォーキングがダイエットにいいのか??

・正しいウォーキングダイエットのやり方は??

など‥の疑問を、徹底分析!!
ウォーキングダイエット.jpg










・ウォーキングの効果

心肺機能が高まる

ウォーキングをすることにより、心拍数が上がり、自然に体内に酸素を取り込むため、

 心臓や肺の機能を高めることに。

 息切れしたりバテたりしにくくなります。


筋力の低下を防ぐ効果

ウォーキングをすることで、足腰の筋肉に刺激を与えろとともに、筋力低下を防ぎます。

血行が良くなる

ウォーキングにより、血管が刺激されて血行が良くなり、身体中に血液の流れが良くなって、
 毛細血管も発達します。


脳の活性化


ウォーキングで、脳に酸素を取り込み脳の働きを活発になります。

ダイエット効果

ウォーキングをすることにより、脂肪をエネルギーとして使用するので、
脂肪を燃焼させ、ダイエット効果に。

生活習慣病の予防

ウォーキングを継続することで、血液の循環がよくなり、HDL(善玉)コレステロール
が増え、動脈硬化などの予防も。

ウォーキングには、ダイエット以外にも、様々効果があります!!




ウォーキングでどれくらい痩せれるのか??

ウォーキングは1分間を100歩のペースで歩くと約3.3kcal消費されると言われています。

30分(3000歩)歩くと約100kcal消費できます。



(例えば、 体重60キロの人が1分間に100メートルのウォーキングを30分すると、120kcal消費出来る。が、体内には、水分などもあるため、綿密な計算〈METS法 体重(s)×METS数×運動時間(時間)=消費エネルギー(kcal)
〉になると、

1キロ痩せるのに30分のウォーキング毎日で、60日・1時間なら、30日・2時間なら、15日・・・・かかることに・・・


ウォーキングは、以外にも、消費カロリーは少ないのですが、ランニングや他にスポーツに比べて、

体に負担が少なく・健康的で、気軽に誰でも出来る!!





ウォーキングダイエットのやり方!!(正しい歩き方!!)

ウォーキングダイエットのやり方.gif

基本姿勢・背筋をしっかり伸ばして胸を張る!!

   耳・肩・腰が一直線。

   頭が空から一本の糸で吊り下げられているようなイメージで。

   視線はまっすぐ正面。


肩の力を抜いてリラックス

   肩に力が入るとエネルギーのロスに。


肘を90度ぐらいに曲げて、腕を大きめに振る


   肘を後ろに引くようなイメージ。

   手は軽くこぶしを握るように。


おなかは引っ込めて腹筋を引き締める

上体は腰の上にしっかり乗っているようなイメージ。
  腹筋を使うよう意識をして上半身を真っ直ぐに保ち、身体がブレないように。
腰を常に高い位置で保つようなイメージで歩く。


出来るだけ膝を曲げず、歩幅は大きめに、早く動かす


着地はかかとから

   着地した足の真上に上半身乗せ、
   その後かかとから前方へ重心移動を行い、最後に
   親指の付け根(拇指球)で地面を 蹴り上げる。













この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。